2006年05月31日

パリ紀行/とらやカフェ

パリに行ったら和菓子でしょ。

ってことで、とらやカフェ

コンコルド広場から路地を入ったところです。地下鉄の駅も近いしアクセスもよし。


ていうかね、店員さんの行儀がよろしくて、

「こちら、ごしんもつ、ですか?」

って聞かれて、

ごしんもつ?


すんません、日本人に生まれて30年、日本語をずっとしゃべってましたが、

御進物

という単語と触れ合ったのは、これが初めて。
赤面モノですな。

別に、この日本語を知らなかったわけでも、理解できなかったわけでもないのですが。
店の雰囲気もあり、咄嗟に聞かれて、

「あっ、ああー、おみやげじゃなくて、自分用です」

と答えたわけですが。いや、日本語としても会話としても何にも間違ってないんですけどね。

なんか違和感。ごしんもつ、って普段使う言葉?

パリのトラヤカフェにお越しの際は、ぜひ言葉遣いにお気をつけあそばせ(笑

posted by 小森あさ at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パリ紀行/ルーブル美術館

やっちまった。。。

パリと言えば、やっぱりルーブル美術館。

しかし、

ダ・ヴィンチ・コードの真っ最中に、

ルーブル美術館に

行ってしまうなんて。。。狙ったわけじゃないんですよ、ホント。


ていうか、そもそもルーブル美術館、何回も行ってるし、パリに来たから縁起物みたいな気分でいったんですけど。
やっぱり、モナリザには人だかり。いつも以上でしたね。

普通にやっても小森さん、っぽくないので、ルーブル美術館の小ネタを。


1. 正面から入らない。

 有名なのは、ガラスのピラミッドからの正面入口ですが、実は、他にも入り口があります。

ここは一つ、脇から入るのも通かと。

一番簡単なのは地下鉄から入るルート。

ルーブル行きの表示が出てきますが、ここでポイント。

途中のタバコ屋さんで、チケットが買えます。

こっそり表示が出てるので注意。運が良ければ、混雑時に並ぶ時間を短縮できます。
(あと、オペラ座側からの入り口にも、自動券売機があるみたい)

また、その直後に荷物検査があるのですが、チケットあり・なし、で列が違って、多少優先してくれるので、ちょっと優越感。

※正面から入ると、荷物検査→チケット→入場という流れ。
しかし、地下ルートだと、目立たない売り場でチケット購入→優先的に荷物検査→入場となり、
入るまでの時間が短縮できる、と思われます。

あと、地下じゃなくて、セーヌ川側やオペラ座からの通り側からも入れます。
ガイドブックにも乗ってると思われるのでぜひチェックを。


2. マルチメディアコーナーでひとやすみ

1階のメソボタミア美術と古代イラン美術の間に、マルチメディアコーナーがあります。
ココには、使ってるかどうかわからないPCが数台と、奥の方に大きな黒いソファーが。

このソファー、けっこうでかいので、寝られます。
はっきりいって、館内は広いので、疲れますし。

2年前に行ったときも、そこにあったので、当分はそのままだと思われます。


ルーブル美術館にお出かけの際は、ぜひ。



ちゃっかり美術館側も乗っかってましたが、何か。

posted by 小森あさ at 01:35| Comment(1) | TrackBack(1) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

パリ紀行/モンパルナスタワー

パリの塔、と聞いてまず思い浮かぶのはエッフェル塔。

けれど1880年代末、パリ万国博覧会を前にパリっ子(パリジャンとパリジェンヌ)たちは、

花の都パリに、あんな醜い鉄のかたまりがあるなんて!

と眉をひそめたらしい。と、本か雑誌かで読んだ。何だったかは思い出せないけど。


パリでエッフェル塔を見たくなければエッフェル塔に登ることだ

なんてことを言った当時の作家もいたらしい。

それから、百年ちょっと経って、エッフェル塔はパリの観光名所になった。


で、今回私が行ってきたのは、

モンパルナスタワー

です。


っていうか、高いビル。で、一番上に展望室がついていて、
悔しいけど、パリの眺望が美しい。

http://www.ryoko.info/paris/003index.html

ていうかね、本当にタダの高いビルなんですよ。(展望室への入場料はとられるけど)

エッフェル塔を嫌悪したパリ市民たちはどこへ行った!?

ひとしきり感動した後、ふと思ったのですが、

パリの町並みがきれいなだけで、このビルはすごくないのでは?

他力本願か!?


とにかく、百、二百年モノの物件が立ち並ぶパリの中で、新しい観光名所の予感。パリにお出かけの際にはぜひ。
モンパルナス界隈で、一番でかいビル、それが目印です。迷いようがない。

詳しい情報は、ここで。
http://www.tourmontparnasse56.com/

posted by 小森あさ at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

トレビの泉にて; ローマ旅行の思い出(2)

2006年2月ローマ旅行記(2)

やっぱり、ローマといえば、

トレビの泉。

 

茶色いコートを着た、お金持ち風の年配の女性が笑顔でコインを投げていますね。

「さーて、私もコインを投げますかねっ。。。。」

えっ!?

んっ!?

 

おばさんは、(わざとらしく)すごく楽しそうにコインを投げているぞ。。。数十秒おきに。

すごい金持ち???

でもなんか、お金を小さなビニール袋から出してるぞ。

コインの色がシルバーっぽい。→ユーロのコインじゃない???

 

 

 

サクラ!?

 

数分後、おばさんは雑踏の中に消えていきました。

トレビの泉は、市の財政の一部となっているそうですから、

公務員?市役所の回し者?だったのでしょうか。謎。banner_03.gif

 

posted by 小森あさ at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

りすとらそての魔力;ローマ旅行の思い出(1)

2006年2月ローマ旅行記(1)

スペイン階段〜トレビの泉周辺で、レストランを探していたところ。。。

 

謎の日本語カンバン。

"リストラソテ" 

「り、りすとら そ て?!」

 

りすとらんて、といいたいらしい。(いや、疑問に思うほどではないですね、やや誇張入れてますが。)

 

この手の、変な日本語は、ヨーロッパに住んでると、あちこちで見かけますが。

中を覗いてみると、なかなか清潔な感じ。それに、日本人グループもいるみたいでした。

 

「まあ、この店にしときますか。」と入ることにしたわけです。

 

味は普通。値段は少し高めでした。

しかも、イタリア人のおばさんが、流暢な日本語で対応してくれるし。(日本語ができるのは、一人だけ)

 

で、食べてると。。。

どんどん、日本人が入ってくる。

 

「はっ!これはっ!」

 

変な日本語、リストラソテ
 ↓
日本人のツボに入る
 ↓
店内を覗きたくなる
 ↓
日本人を発見する (*1)
 ↓
安心できそう、清潔そう
 ↓
店に入る (*2)
 ↓
日本語できる店員一名で安心
(店員全員が日本語できたら、イタリア気分台無し)

 

「日本人が安心して入れる店のサイクル(*1)〜(*2)がここに!」 

 

まあ、ローマまで行って、日本人くさいところで何が楽しいのか、って言われるかもしれませんが。

前回書いたように、ローマってけっこう気をつかいながら歩くので、こういう風にスキをつかれると入ってしまいたくなるのです。

 

地元向けのレストランは安全な感じがしないし。

モロ観光客に押し売りの店もゆっくりできないし。

こんな風に、清潔で安心感を与えてくれる店には、ちょっと高くても、味はとりたててよくなくても、いいと思ってしまいました。 

 

そんなこんなで、ローマに行った場合は、ぜひ りすとらそて にてエスプレッソを。味はふつうです。

banner_03.gif 

posted by 小森あさ at 05:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

ローマ旅行総括

昨日、ローマから帰ってきました。

細かいネタは、ぼちぼち記事にしていきますが、総括でいうと、

 

ゆったり、のんびり、できない感じ?

 

いや、遺跡とか教会とか、ブランドとか、楽しかったんですけどね。

 

物売りやら物乞いや、レストラン・Barの客引きの押しが強かったです。

パリとか、ベルリンとかの観光地にも行ったけど、ダントツで。

 

さすが、情熱の国、すごくフレンドリーだなあ、と思いたかったのではありますが。

 

市内には、歴史的な建築が多くて、感動したかったのですが。。。

スリや置き引きに警戒しながら、写真を撮りたくても安心できず。

おいしそうな店でも、すごーく押し売りされたら、入る気もなくなるし。

 

きれいなモノがそこにあるのに、周りをきにしなきゃいけなくて、ゆっくり鑑賞できない。

これがローマでなかったら、絶対来ない。

世界オンリーワンって、強いなあ、と。逆説的にローマのすごさがわかったりして。

 

ローマ好きな人いたら、すみません。

でも、住んでみたら見え方が違ってくるんでしょうね。

(つづく)

banner_03.gif 

posted by 小森あさ at 05:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

プラハのオススメ?Jazz Bar

昨日に引き続き、年末のプラハ旅行ネタで引っ張ります。

 

REDUTAっていう、Jazz Barに行きました。

ここは、プラハでも古くて由緒あるところです。さらに、1994年にクリントン大統領がチェコ訪問の際に、このバーに来て、しかも、サックスを演奏したという!

思わず、当時のライブCDを買ってしまいました。(3曲入り)

腕前の方は。。。まあ、ミスタープレジデントですから。

ミュージシャンではないので。

 

気になる方は、ぜひとも現地にてお買い求めを(笑

 

なお、このJazz Barは、毎日9時30分から演奏してます。また、日替わりでバンドが変わります。

料金もお手ごろ。(えーと、詳しくは忘れましたが、2000円前後???)

 

他にもジャズが聴けるところが何件かプラハ市内にあるようなので、お好きな方はぜひ。

 

プラハ、ちょっとJazzいい話でした。

 

posted by 小森あさ at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

プラハ、タクシー話2005

年末は、チェコ共和国の首都、プラハで過ごしました。

なんで、寒いのに東欧にいくの?という声もありましたが、それはそれでよいものですよ。

 

さて、ホテルからプラハ城にタクシーで移動したときのことです。

「メリークリスマス&ハッピーニューイヤー!」と、気のいい、ていねいな運転手さんでした。

 

こちらが、日本人だと気づくと、これまた気さくに話しかけてくれます。しかも、英語が上手。さすが、いいホテルについてるタクシーはいいね、なんて思ってると。。。

 

「さっきも日本人を空港まで乗せてきたよ。でもトラブルがあって。。。

実は、トウキョウから来た女性だったんだけど、タクシー代を持ってなかったんだ。

800クローネ必要なのに、400しか持ってなかった。ものすごく怒ったけど、ないものはしょうがないし、到着してしまったからね。

だから、その400クローネはタダにしてあげたんだよ。しょうがないけど。」

 

うーん、人のいい運転手さんだ、と思ってチップをよけいに渡したわけです。

タクシーを降りた後に、いい人だったし、立て替えた400クローネぐらいチップに入れとけばよかったかなあ、同じ日本人が迷惑をかけたわけだし、と思ったわけですが。。。

 

続きを読む
posted by 小森あさ at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

【旅行】コペンハーゲン行ってきました。

コペンハーゲン行ってきました。やっぱ北欧雑貨&家具はいいですな。

(ブログ女王、眞鍋嬢のブログで旅行っぽいエントリーがあったので、乗っかる感じでトラバです。)

ドイツ在住ということで、自動車で行ってきましたよ。片道700キロ。予想外に遠かった。。。朝出発したら、夕方ついてほとんど店が閉まっていたし。

ホテルで観光案内やパンフレットを探して、人気TOP3のうちの一つのアトラクションに行ってきました。

リプリーミュージアム。

世界一背が高かった人のマネキンとか、目の錯覚絵画とか、首狩り族の干し首とか、世界の不思議がいっぱいでした。

でも、

コペンハーゲン&デンマーク関係なし!その日のディナーは、反省会。

あなたもコペンハーゲン観光の際には、ぜひ!

 

なお、TOP3の残り二つは、ギネス記録ミュージアムと世界の不思議ミュージアム。

やっぱ、コペンハーゲン&デンマーク関係なし!

posted by 小森あさ at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

うれしくないジャックポット

アムステルダムまで車で行ってきましたです。(ドイツ→オランダ)市内の駐車場を出ようとしたときのことです。

無人の駐車場で、機械で支払う方式だったのですが。。。

 

おつりが18ユーロ、全部10セント硬貨で。

1800円が全部10円玉で返ってきたと思ってください。

 

財布はパンクし、しかたないので、ぜんぶポケットにいれてですね。

 

一円も減ってないのに、すごく損した気分。

posted by 小森あさ at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

おパリに行ってきたザンス

パリに行ってきたんですけどね。一泊二日。

かなり、充実してました。

続きを読む
posted by 小森あさ at 05:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

出張から戻ってきた〜オーストリア

約2週間の出張で、オーストリアの山の方(アルプス)に行ってきましたよ。

DSC00301.JPG

ぶっちゃけ、ヨーロッパの金持ち老人のリゾート地であり、日本人は目立ちましたねえ。

風景はハイジな感じでしたよ。
posted by 小森あさ at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

マヨルカ旅行記事の補足

前回の記事の用語について。

ラストミニッツ;

行き先を決めず、トランク一つだけで(参考;浪漫飛行/米米クラブ)飛行場のカウンターに行き、その場で決める旅行方式。または、旅行会社。
ドイツの空港には、ラストミニッツのカウンターがあり、格安のリゾートを求めドイツ人が遣ってくる。

もともとは、キャンセルや空席のチケットを出発ギリギリまで投売りしていたことから、ラストミニッツの名がついたらしい。別に前売りでも購入できる。

要は、大量生産方式の安売り行き当たりばったり旅行のこと。


マヨルカ;

スペイン領の島。ビーチリゾート。歴史については割愛。
ドイツ人の観光客を誘致しており、どこでもドイツ語が通じる。
日本人にとってのハワイとよく似ている。
どちらかというと、老人の行くところらしい。若者ももちろんOK。


オールインクルーシブ;

ホテル代・朝昼夕の食事がセットになったお得な料金体系。
ドリンクも含まれているため、昼間から飲みまくり。

オールインクルーシブは、タダ飯のため、ビニールの腕輪を目印として着けさせられ区別される。旅行期間中、とにかくずっと着けていなければならない。


FKK(エフカーカー);

えーと、何の略かは忘れましたが、裸で日常生活を送っている人たちの団体。
人間は裸で生まれたのだから、裸で生活してもおかしくはない、いやむしろそちらが自然だ。
と理屈をこねている人たち。

老人・中年も含まれるので、あまり見たいものではないらしい。むしろ若い人は少ない、という話。

マヨルカなどリゾート地のビーチ・ホテルにも団体で来るらしい。が、私は未だ遭遇したことはない。ビーチならともかく、集団の裸がレストランで食事している光景は見たくもない。



結論/

リゾートは、開放感。
posted by 小森あさ at 11:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コミコミ、ラストミニッツ!

前回の続き。
キーワードは、ラストミニッツ・マヨルカ・オールインクルーシブ。

ある本によると、
「バカンス・リゾート好きなドイツ人は、ラストミニッツでマヨルカへ行く。」
「オールインクルーシブ(朝食・昼食・夕食コミ)の人は、ビニールの腕輪を着けさせられる。(目印)」
「そして、オールインクルーシブでホテルから出ない。観光もしない。」
「さらに、ドリンクもコミコミのため、飲んだくれている。」
とのこと。

DSC00265.jpg

ふーむ。。。

続きを読む
posted by 小森あさ at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次の飛行機で

5/5(木)午前7時。私はドイツの空港でタダで朝食を食べていました。それは、なぜか。。。

DSC00247.JPGマヨルカにいったんですがね。

5/4(水)午後5時。

(電話のベル)
『ハロー、xxxツーリストです。明日のフライトとチケットの件ですが。』 (ドイツ語
「あのう、ドイツ語よりも英語がいいんだけど、込み入った話は特に。」 (ドイツ語
『簡単な話だから、ドイツ語でいいよね』 (ドイツ語
「ええー!?あんた、ツーリストだろ!(まあいいや)」 (以下すべて、ドイツ語
『朝6時のフライトだから、4時にカウンターに来てチケットを受け取ってね。』
「ええー!?そんな早いの!?本当に、そんな朝早くにカウンターがあいてるの?」
『ええ、大丈夫よ。じゃあ、明日の朝4時でお願いします。』
「わかりました。」
続きを読む
posted by 小森あさ at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

久々に旅行ネタ〜マヨルカ

マヨルカに行ってきます。4日ほど留守にします。
マヨルカ島はスペイン領なんですけど、ドイツ人観光客が大勢行くのでドイツ語が通じるらしい。ハワイみたいなもんか!?

帰ってきたら南国っぽい写真があるかもです。
その間に語学ネタ、ヨーロッパ生活・人生ネタをゆっくりと考えてきます。
The meaning of life.(モンティパイソン)を考える時間。

ちなみに、4日間マヨルカ、って周りのドイツ人に言ったら、短すぎるといわれました。
彼らにとってのリゾートは、ミニマム1週間単位のようで。
posted by 小森あさ at 13:55| Comment(2) | TrackBack(1) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

オランダ花のパレードいってきました

4/23に行われたオランダ(Keukenhof)の花のパレード行ってきました。ぶっちゃけ、ちょっとがっかりでしたが。。。
続きを読む
posted by 小森あさ at 05:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月04日

パリに行くと決めて、3時間経過〜

4月中旬に妹が遊びに来るというので、パリに連れていくことにしました。奮発して高級ホテル!とリストアップしたのですが、本当に高級なので挫折。。。とりあえず3ツ星狙いですが、今度は星の数ほどのホテルが。。。いまいまネットで検索中です。

旅行っぽいブログをはじめて数週間、やっと旅行ネタが書けそうですよ。
続きを読む
posted by 小森あさ at 05:29| Comment(3) | TrackBack(1) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パリに行くと決めて、3時間経過〜

4月中旬に妹が遊びに来るというので、パリに連れていくことにしました。奮発して高級ホテル!とリストアップしたのですが、本当に高級なので挫折。。。とりあえず3ツ星狙いですが、今度は星の数ほどのホテルが。。。いまいまネットで検索中です。

旅行っぽいブログをはじめて数週間、やっと旅行ネタが書けそうですよ。
続きを読む
posted by 小森あさ at 05:26| Comment(0) | TrackBack(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月01日

ベッドがやばい!いまさらマリオットinプラハ

先月、プラハに行ってきたときはマリオットに宿泊しました。ダブルで170ユーロだったので後輩を脅迫し、割り勘でやっと泊まれたんですけどね。
いまさら、サービスやスタッフの質をいってもマリオットですから。でも、今回は目に見えないところで感動したわけで。。。続きを読む
posted by 小森あさ at 04:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。