2006年09月01日

話せば分かる

もう1ヶ月ほど前に、一時帰国した日本での感想。集中して書く時間がなくて、先延ばし過ぎました。

さて。

話せば分かる」と言ったのは犬養毅

日本をうろうろして思ったことは、日本人ばっかりだなあ。黒い髪、黒い目、中肉中背。
ちょっと違和感。

別に鎖国しているわけでもないのに、何だこの単一民族国家は?、なんて思った。

自分が行って見たことがあるのは、アメリカのごく一部と、ヨーロッパの著名な都市だけど、いろんな民族の人が歩いているのが普通。
街中でとなりを歩いている人が、何語を話すのか、話しているのか、予測もつかない世界。

犬養氏はともかくとして、話しても分からない世界がそこにある。

日本旅行を終えて、パリのシャルル・ド・ゴール空港に着いたとき、ほっとした。
今の自分には、コトバの通じない世界の方が自然なんだなあ、と。


posted by 小森あさ at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。